心筋梗塞の発症で即死するのにはちゃんと理由があるのです

Pocket

Sponsord Link

この記事の所要時間: 220

心筋梗塞というと突然の発作に「うっ」となって、倒れて病院に運ばれるが死亡という事もよくドラマなどで見る光景ですが、本当に即死するような事があるのでしょうか?

もしも即死するような事があるとしたら、それはどうしてなのかを調べてみたいと思います。

Sponsord Link

心筋梗塞で即死してしまう理由とは?

心筋梗塞は、心臓の冠動脈が詰まってしまい、詰まってしまった血管から酸素や栄養を得ていた心筋が死滅してしまう病気です。

多くの心筋梗塞は血管の末端部の冠動脈が詰まるので即死する事は滅多にありませんが、冠動脈の主管部が詰まってしまった場合は、心臓の広範囲で壊死が起きてしまい致死率は高くなります。

心筋梗塞で即死してしまう場合は、心室細動という不整脈が起きてしまった場合が多いと言われています。

心室細動とは心臓の動きが乱れ、心臓がけいれんを起こしてしまっている状態です。

その時、脳へ血流が行かなくなって気を失ってしまうため体中が酸欠になり致死してしまいます

早いと5分程度で致死まで至るので、即死となります。

heart23

他にも即死する原因があるのです!

また、心筋梗塞の合併症で心室溜が出来てしまった場合も最悪の場合即死してしまう事があります。

心室溜とは、心筋梗塞により左室の表面部分が膨れ上がってしまった状態です。

心臓の機能に支障が出て、不整脈や血栓が出たりと色々な悪影響が出てきます。

この心室溜は、急性心筋梗塞の場合は5~10%発症すると言われています。

心筋梗塞の治療が終わっても、この心室溜が破裂してしまう危険があるります。

もし、破裂してしまうと、心臓と心外膜の間に血液が入り込み心タンポナーデ状態になります。

心タンポナーデになってしまうと、即死してしまう危険性がとても高いそうです。

心タンポナーデとは?

心タンポナーデという言葉を始めて聞いたと思う人が多いと思うので、簡単に説明をすると心タンポナーデというのは心膜という部分に血液などが貯まってしまうために起こります。

もっと簡単に説明をすると、心臓の周りに血液が貯まってしまって心臓が思うように動く事ができなくなってしまうのです。

するとどうなるかわかりますよね? 心臓が血液のせいで動きを制限されて止まってしまうというわけです。即死の原因になり得るのです。

心筋梗塞の即死の可能性は低い! だから予防をするのです!

心筋梗塞は即死してしまう可能性は低いですが、血管が詰まってしまった場所よっては、即死する可能性があります。

また、心筋梗塞が引き金となり合併症により即死する場合もあります。

心筋梗塞になってしまわない様に、食生活では、塩分8g以下、糖分15g以下、油15cc以下に抑え、ウォーキングなどの有酸素運動を行いましょう。

Sponsord Link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

おススメピックアップ記事

  1. 糖尿病という言葉を聞いた事があるけれど、具体的にどのような病気の事を言うのかがわからないという方もき…

BLOG LANKING

ブログランキングに参加しております。ぜひ清き一票をお願いいたします! BlogPeopleへの登録は白のバナーをクリックでできます☆

にほんブログ村 健康ブログ 健康的な生活へ
にほんブログ村

つぶやいています!

Sponsord Link

Welcome

身近に潜む病気

  1. 糖尿病という言葉を聞いた事があるけれど、具体的にどのような病気の事を言うのかがわからないという方もき…
  2. 変形性膝関節症になると運動機能が著しく低下すると言われていますが、私の家族にも変形性膝関節症で悩む人…
  3. 変形性膝関節症はお年寄りばかりが発症する症状ではありません。もちろんお年寄りの方が患者数が圧倒的に多…
  4. 今日の昼間のテレビ見ました。多分見た方たくさんおられるのではないでしょうか。 確かノンストップとい…
  5. 変形性膝関節症で悩んでいる人はお年寄りばかりではありませんよね。趣味でスポーツをしている人や登山など…

関連サイトリンク

老後に関係している不安についてを専門に特集しているサイトです。老後の不安を解消するのにお役立てください。 老後に不安なお金や同居や仕事に関しての情報を提供していきます。

女性の更年期障害だけの情報を集めたサイトです。予防や改善にお役立てください。女性の更年期障害についての症状など、お悩みについての記事を公開しています。

男性の更年期障害の情報のみを扱ったサイトです。予防や改善にお役立てください。少しずつ症状や改善についての記事を公開し続けていきます。

ページ上部へ戻る