心筋梗塞の発作を起こしてしまったら慌てずにしっかりと対処を!

Pocket

Sponsord Link

この記事の所要時間: 227

心筋梗塞の発作を起こしてしまった人がいたら、または自分が発作を起こしてしまったとしたら、いったいどうなってしまうのでしょうか?

大慌てで病院に行かなくてはなりませんよね。ですが慌てていてはしっかりとした対処をする事ができないかもしれません。

そこで今回は、心筋梗塞の発作を起こしてしまった時の、対処法についてをいくつか調べてみました。

Sponsord Link

突然心筋梗塞になってしまった時の対処方法

心筋梗塞が起きてしまった場合、壊死した心筋は回復しません。当然かもしれませんが、対処が遅れてしまうと死亡してしまう事もあります

そして、中には命は助かったけれども、治療を行うまでに時間がかかってしまった時は心臓の機能が落ちてしまう事もあるのです。

ですので心筋梗塞になったらできるだけ早く対処する事が大切です! この記事では、心筋梗塞を起こしてしまった時の対処方法をご紹介します。

心筋梗塞は突然発作が起こるものなのです!

心筋梗塞は突然発症してしまう事がほとんどです。そして、冠動脈が閉塞してから約20分で心筋は壊死していきます。

なのでもしも心筋梗塞の発作が起こってしまったら、まずは救急車を呼んで下さい。

heart24

救急車を呼ぶ事は躊躇する人もいるかもしれませんが、心筋梗塞は命に関わる病気で、早く治療を始める事が一番重要です。

救急車を呼んだ事がない人事が多いと思いますので、いざと言う時の為にパニックにならない様にご紹介します。

緊急車両を呼ぶ時の手順

1.119番に電話をかけます

2.消防署へかかった場合は、通報の種類を聞かれる事があります。

その時は、心筋梗塞の疑いがあるので“救急”ですと伝えて下さい。

3.救急車に来てほしい住所を伝えます。

もし、外出先などで分からない時は電柱に書かれている住所や近くの建物やお店、交差点名など目印になりやすい物を伝えてください。

4.今、どの様な症状なのかを説明します。

分からない場合は、倒れているなどで大丈夫です。

5.そして、電話は切らずに電話の指示に従ってください

応急処置の必要がある場合は、その方法などを教えてくれます。

心筋梗塞になってしまうと不整脈や心室細動など心臓が止まってしまう可能性もあります。

では、意識がなくなっている場合の応急処置をご紹介します。

<対処方法>

AED

心室細動を回復させる良い対処方法です。

心臓マッサージ

心臓が止まってしまったら心臓マッサージを行いましょう。

人工呼吸

呼吸が止まってしまった場合に行いましょう。

いかがでしたか? 今回は心筋梗塞の対処方法や緊急車両の手配などについてをご紹介しました。

目の前でいきなり人が倒れるとパニックになりがちです。

まずは、落ち着いて下さい。そして救急車を呼びましょう! 心筋梗塞は、1分1秒でも早く病院に行き治療を行う事が一番大切です。

Sponsord Link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

おススメピックアップ記事

  1. 糖尿病という言葉を聞いた事があるけれど、具体的にどのような病気の事を言うのかがわからないという方もき…

BLOG LANKING

ブログランキングに参加しております。ぜひ清き一票をお願いいたします! BlogPeopleへの登録は白のバナーをクリックでできます☆

にほんブログ村 健康ブログ 健康的な生活へ
にほんブログ村

つぶやいています!

Sponsord Link

Welcome

身近に潜む病気

  1. 糖尿病という言葉を聞いた事があるけれど、具体的にどのような病気の事を言うのかがわからないという方もき…
  2. 変形性膝関節症になると運動機能が著しく低下すると言われていますが、私の家族にも変形性膝関節症で悩む人…
  3. 変形性膝関節症はお年寄りばかりが発症する症状ではありません。もちろんお年寄りの方が患者数が圧倒的に多…
  4. 今日の昼間のテレビ見ました。多分見た方たくさんおられるのではないでしょうか。 確かノンストップとい…
  5. 変形性膝関節症で悩んでいる人はお年寄りばかりではありませんよね。趣味でスポーツをしている人や登山など…

関連サイトリンク

老後に関係している不安についてを専門に特集しているサイトです。老後の不安を解消するのにお役立てください。 老後に不安なお金や同居や仕事に関しての情報を提供していきます。

女性の更年期障害だけの情報を集めたサイトです。予防や改善にお役立てください。女性の更年期障害についての症状など、お悩みについての記事を公開しています。

男性の更年期障害の情報のみを扱ったサイトです。予防や改善にお役立てください。少しずつ症状や改善についての記事を公開し続けていきます。

ページ上部へ戻る