肺炎の症状はわかりにくい事がとても多い!目安はコレ

Pocket

Sponsord Link

この記事の所要時間: 357

肺炎は弱った身体に細菌が侵入する事によって悪化し、抵抗力が弱い方の命を奪ってしまう事もある恐ろしい感染症である事は説明いたしました。

今回は肺炎という病気がどのような症状をもたらすのかという事を勉強していきたいと思ったので、色々と調べてみることにしました。参考になれば幸いです。

Sponsord Link

肺炎の症状は基本的には風邪と変わらない

haien509

皆さんは咳や鼻水や熱が出たとき、自分が肺炎だと思ったりするでしょうか。おそらくですが「風邪ひいた」と思われるでしょう。

肺炎にかかってしまったという方の多くは、自分が肺炎にかかっているとは思わなかった。と言うくらい、風邪の症状と似ているものなのだそうです。

ですが、そんな中でも「よく考えてみれば……」という症状があるのも事実。そこで今回は、風邪の症状と同じだけど考えてみたらこれは肺炎かも?と思う症状についてを特集したいと思います。

こんな症状が続いたら肺炎を疑ってください

2015051401

肺炎になった方は、こんな症状が出てきて苦しいと感じるものなのだそうです。なので、肺炎の特徴的な症状についてを説明していきましょう。

・高熱

肺炎の患者さんは、38度以上の高い熱が出るものなのですが、この高熱がもしも4日以上続いた場合は、もしかしたら肺炎かもしれない。と疑って病院で検査をしてください。

特に注意しなくてはならないのはお年寄りで、高齢者の場合はこの高熱が全く出ない場合があるそうで、結果的に呼吸困難になってから気づく事もあるそうです。

なので、お年寄りの場合には別の症状で判断をした方が良いでしょう。

・咳や痰

肺炎になると、まるで気管支炎になったかのように、猛烈な咳が出てくると言われています。肺炎の種類によって咳の出方は違ってきますが、非定型肺炎では痰が出ない咳が続きます。

細菌やウィルスに感染した場合の肺炎の場合、痰とガラガラ言う咳が長く続く事があるようです。異変を感じたらすぐに病院で検査を受けるようにした方が良いでしょう。

その時、痰がひどい場合には痰の色などについても説明するべきです。具体的に説明ができればより多くの診断材料になるからです。

・呼吸が苦しい

肺炎になると、肺の中に水がたまる事があるため、呼吸困難になってしまう事があります。まるで溺れているかのように苦しいと言われています。

これは血液中の成分や水分が、肺の細胞の中に入り込んでしまうためで、水がたまっただけではなく、血液中の酸素濃度が低下するという二つの原因で呼吸困難になるのです。

できるだけ早く病院に連絡をする、救急車を呼ぶなどをして迅速に対応すべきでしょう。

・胸が痛い

肺炎に多く見られる症状だと言われています。ただし全ての肺炎の感染者が胸の痛みを感じるのではありません。胸膜に炎症が広がってしまう事によって、胸に痛みを感じるようになるのです。

なので、そうなる前に本当は病院に行くべきです。お年寄りはここまでになると、命に危険が及ぶこともあるでしょうから、普段から免疫力を高めておく必要もあるかもしれませんね。

・食欲不振

咳や熱などによって体力が奪われると、食べる気力や力も失われてしまいます。そのため肺炎になると食欲不振に陥る事が多くなるのです。

何日か前から食欲不振になる事が多いようなので、食べる量が減ったとか、食べられなくなったといった症状が出た場合には、速やかに病院で検査を受けてください。

・倦怠感や寒気

高熱が出ると、私たち人間は寒いと感じてしまい、寒気となるものなのです。これは高熱が出る事によって体力が奪われ、さらに高熱によって部屋の温度が低く感じてしまうために起こる寒気です。

熱をはかってみて、高熱があれば病院に行って検査を受けた方が良いでしょう。早めの対策をしてください。

・筋肉痛や関節痛や頭痛

普段あまり感じない筋肉痛(スポーツをした後などは別)や関節痛(ふしぶしが痛い)を感じたら、熱をはかってみてください。高熱が出ている可能性があります。

歩く時に足の甲が痛いとか、手を握った時に指の関節が痛いと感じた時にも注意が必要です。その後高熱が出る事があるからです。これらの症状も肺炎の症状の一つとしてよく言われています。

普段と違った症状が続いたら病院に行く事が重要です

2015051403

いかがだったでしょうか。肺炎の症状についてご理解いただけたら幸いです。高齢者と小さなお子さんは特に、自分では身体の異変に気づけない事が多いです。

中には異変を感じても、我慢してしまうお年寄りもいるかもしれません。大切な家族が手遅れにならないためにも、普段から、家族がお互いの身体の異変に気づける関係を持つ事も、必要なのかもしれません。

Sponsord Link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

おススメピックアップ記事

  1. 糖尿病という言葉を聞いた事があるけれど、具体的にどのような病気の事を言うのかがわからないという方もき…

BLOG LANKING

ブログランキングに参加しております。ぜひ清き一票をお願いいたします! BlogPeopleへの登録は白のバナーをクリックでできます☆

にほんブログ村 健康ブログ 健康的な生活へ
にほんブログ村

つぶやいています!

Sponsord Link

Welcome

身近に潜む病気

  1. 糖尿病という言葉を聞いた事があるけれど、具体的にどのような病気の事を言うのかがわからないという方もき…
  2. 変形性膝関節症になると運動機能が著しく低下すると言われていますが、私の家族にも変形性膝関節症で悩む人…
  3. 変形性膝関節症はお年寄りばかりが発症する症状ではありません。もちろんお年寄りの方が患者数が圧倒的に多…
  4. 今日の昼間のテレビ見ました。多分見た方たくさんおられるのではないでしょうか。 確かノンストップとい…
  5. 変形性膝関節症で悩んでいる人はお年寄りばかりではありませんよね。趣味でスポーツをしている人や登山など…

関連サイトリンク

老後に関係している不安についてを専門に特集しているサイトです。老後の不安を解消するのにお役立てください。 老後に不安なお金や同居や仕事に関しての情報を提供していきます。

女性の更年期障害だけの情報を集めたサイトです。予防や改善にお役立てください。女性の更年期障害についての症状など、お悩みについての記事を公開しています。

男性の更年期障害の情報のみを扱ったサイトです。予防や改善にお役立てください。少しずつ症状や改善についての記事を公開し続けていきます。

ページ上部へ戻る