人工透析とは? なぜ必要なのかその仕組みと基礎4つ!

Pocket

Sponsord Link

この記事の所要時間: 450

人工透析をしなくてはならない病気があるという事はわかっていても、人工透析がどんなもなのかを理解できないと、怖くて治療をする気が起きないという事もあるでしょう。

今回は明日は自分に降りかかってくるかもしれない、人工透析とはなんなのか? についてをわかりやすくまとめてみる事にしました。

実際に身内が人工透析をしているので大変な事もあるとは思いますけれど、必要以上に不安になる必要はありません。

人工透析とは? どうして必要なのか?

まずは人工透析がどういうものなのかについてですね。人工透析は透析の機械を使って血液をろ過して毒素を排出する治療の事を言います。大まかな説明ですが簡単に言うと血液をろ過する治療です。

慢性腎不全の患者さんの場合は週数回血液の透析を行わなければなりません。そうしないと血液の中の毒素が悪さをしてしまうからです。もちろん全ての毒素をろ過できるわけではないでしょう。

私たちの身体に食べ物や飲み物が入ってきたら、必要な栄養素や水分を補給したら後の不要なものは腎臓でろ過されて、尿となって排出される仕組みになっています。

でも腎臓が何等かの病気やケガによって働かない場合には、体内に不要な毒素や水分が尿とならずに蓄積してしまうのです。それを腎臓の代わりに人工透析機械で排出するわけですね。

ちなみにこれは叔母の入院の時に医師から聞いた話ですが、薬を飲んでいる場合も飲んだ薬が排出されないので、透析をしないと次の薬を飲む事ができないようです。

人工透析の仕組みはどうなっているのか?

人工透析を行う時に使う機械は血液を入れて網などでろ過するイメージがありますが、実際にはそうではありません。血液と一緒に透析液というものを使います。

血液の中にある不要な老廃物や水分は透析液に移されます。透析液に移された老廃物や水分は透析液と一緒に排出され、キレイになった血液だけが体内に戻されていくわけです。

透析液は血液とは別に透析機械に供給されます。透析機械の中で混ぜられて透析液は外へ、血液は静脈に戻される事になります。私も実際に透析をしているところに入りました。

血液は動脈から血液ポンプに流れ、透析の機械に通されて、それとは別に透析液をダイアライザーを使って透析機械に流れていました。ろ過された血液は同じ手の静脈に送られていました。

また別に記事として書きますが、この透析に使う透析液にも種類があって人によって合う透析液があるようです。病院を選ぶ基準になる事もあるようです。

人工透析が必要な病気の種類について

透析の仕組みはわかっていただけたと思うので、次は人工透析を必要とする病気についてをお話しします。人工透析が必要な病気全てが腎不全というわけではありません。

実は腎不全による透析よりも糖尿病が原因の透析の患者数の方が圧倒的に多いのです。次いで高血圧の方が腎臓の働きを著しく弱らせる原因となる病気です。

全腎協の小冊子にも書いてありますが、人工透析を受ける糖尿病患者さんは人工透析を受けている患者さんのおよそ44%! 半分近くの方が糖尿病が原因なのですね。

次に多いのが高血圧症の方、そして突然腎不全になった方となっているので、いかに糖尿病や高血圧が怖い病気なのかがわかりますね。

怪我や他の病気が原因で全身に毒素が回ってしまったりした場合にも人工透析をするようですが、それほど多くはないようなので、普段から糖尿病や高血圧にならないよう気を付けるべきでしょう。

ちなみに叔母の場合は子供の頃に急性腎不全になり、慢性腎不全に悪化してしまったため、15歳くらいから人工透析をしているようです。まだ元気に生きていますよ!

人工透析をしないとどうなってしまうのか?

治療のためとは言っても人工透析をするなんて怖いと考える方もいるでしょう。できれば人工透析をしないでコントロールができたらいいですよね。でも場合によってはそれが危険な事もあります。

実は叔母が子供の頃に人工透析をするとすぐに死んでしまうという噂があったそうです。怖かったので叔母は人工透析をせずに治療をしようとしていたそうでした。でもどんどん症状は悪化していったそうです。

その結果、叔母はあと数週間しか生きられないと言われたそうです。もし人工透析をしなかったら死んでしまうのならば、イチかバチか人工透析をしたらどうかと言われて透析を始めたそうです。

そう、人工透析が必要な患者さんが人工透析をしないと、様々な症状が出てしまうので危険です。めまいやむくみはもちろんですが、吐き気や食欲がなくなるなどの症状が出るようです。

また、もしも脳に毒素が回ってしまったら一時的でもおかしな事を言ったりするようです。よく毒素が回って頭がおかしくなってしまったなどと言いますが、本当におかしな言葉を離したりするようになります。

亡くなったもう一人の叔母がそうでした。脳に毒素が回ってしまい流暢に外国語のような言葉を話していたそうです。透析をしてしばらくすると治ったようですが、治らないケースもあったり命を落とすケースもあるようです。

まとめ

いかがだったでしょうか。今回は人工透析とはどんなものなのかについてを、簡単ではありましたが説明いたしました。人工透析をするか迷っている方の参考になれば幸いです。

もし人工透析治療をすすめられているのならば、少しでも健康的に寿命を全うするためにも、透析治療の事を真剣に検討されてみるといいでしょう。

叔母の話になりますが、一度透析をしたらそれまでの体調不良が嘘みたいに治ったそうです。そして「もっと早くやっておけばよかった」と本気で思ったそうですよ!

Sponsord Link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

おススメピックアップ記事

  1. 糖尿病という言葉を聞いた事があるけれど、具体的にどのような病気の事を言うのかがわからないという方もき…

BLOG LANKING

ブログランキングに参加しております。ぜひ清き一票をお願いいたします! BlogPeopleへの登録は白のバナーをクリックでできます☆

にほんブログ村 健康ブログ 健康的な生活へ
にほんブログ村

つぶやいています!

Sponsord Link

Welcome

身近に潜む病気

  1. 糖尿病という言葉を聞いた事があるけれど、具体的にどのような病気の事を言うのかがわからないという方もき…
  2. 変形性膝関節症になると運動機能が著しく低下すると言われていますが、私の家族にも変形性膝関節症で悩む人…
  3. 変形性膝関節症はお年寄りばかりが発症する症状ではありません。もちろんお年寄りの方が患者数が圧倒的に多…
  4. 今日の昼間のテレビ見ました。多分見た方たくさんおられるのではないでしょうか。 確かノンストップとい…
  5. 変形性膝関節症で悩んでいる人はお年寄りばかりではありませんよね。趣味でスポーツをしている人や登山など…

関連サイトリンク

老後に関係している不安についてを専門に特集しているサイトです。老後の不安を解消するのにお役立てください。 老後に不安なお金や同居や仕事に関しての情報を提供していきます。

女性の更年期障害だけの情報を集めたサイトです。予防や改善にお役立てください。女性の更年期障害についての症状など、お悩みについての記事を公開しています。

男性の更年期障害の情報のみを扱ったサイトです。予防や改善にお役立てください。少しずつ症状や改善についての記事を公開し続けていきます。

ページ上部へ戻る